Loading

ルミガンで目元の印象をチェンジ

ルミガンとは緑内障を治療する為の点眼薬、いわゆる目薬のことです。ところがこの点眼薬には副作用の一つとして、まつ毛が伸びてきてしまうというものがあります。
副作用でまつ毛が伸びてくることから若いオシャレな人達にとっては人気となっている医薬品です。
点眼薬つまりルミガンによるまつ毛が何故か伸びてきてしまうという副作用を期待して、オシャレにまつ毛を伸ばしてしまおうと考えている人達が多くなっているといるようです。
ルミガンを使って見事にまつ毛を伸ばすことによって、それまでとは打って変わって目元の印象が華やかになります。
何故ならまつ毛が短い場合はまつ毛を使った目元のオシャレを楽しむ余地はありませんが、まつ毛が美しく伸びたことによって様々な目元のオシャレを楽しむことが出来るからです。
もちろんルミガンを使わなくともつけまつ毛等を使って目元のオシャレを楽しむことも出来ますが、あくまでもつけまつ毛というのは人工のまつ毛であって自分のまつ毛ではありません。
つけまつ毛を使ってオシャレをしていても、どこか虚しい気持ちとなってしまう人というのは多いものなのです。
その点ルミガンで簡単にまつ毛を伸ばす事ができますし、100パーセント自分のまつ毛なので、堂々とオシャレを楽しむことが出来るというわけです。
まつ毛が伸びれば目も大きく見えますし、マスカラ等を使ったオシャレも楽しめるようになります。
これまで地味な顔であった人も、まつ毛をオシャレにアレンジすることでパッと華やかな顔つきになることが出来ます。
まつ毛が伸びるとメリットが沢山あるのです。
しかしあくまでもルミガンは緑内障治療の為の点眼薬ということなので、美容クリニックや皮膚科などで処方できますが、まつ毛を伸ばすという目的では保険が適応されないため、高額な医療費になることもあるので、医療機関には事前にルミガンの料金を確かめるとよろしいです。
また、万が一目に違和感を感じた場合はすぐに使用を止め医師にご相談ください。

ルミガンのまつげの育毛効果と注意点

まつ毛を伸ばした女性ルミガンとは、まつげの育毛・増毛に高い効果を発揮するまつげの育毛剤です。
元々は緑内障を患っている患者の方の房水をコントロールし、眼圧を下げる為に使用されていた(現在も治療薬として使われています)点眼薬ですが、まつげが増える・伸びるという副作用が報告され、ルミガンに含まれる成分・ビマトプロストがまつげの育毛や増毛にも作用することが臨床実験で判明し、FDA(アメリカ食品医薬品局)から正式にその効果を認められ、まつげを育毛する医薬品として販売されるようになりました。
同じ成分(ビマトプロスト)や効果があるものとして、ラティースやケアプロストが挙げられます。

ルミガンの使用方法とは

ルミガンのまつげ育毛効果は絶大であり、個人差はあるものの1~2ヶ月ほど使用を続けていくことでまつげの長さ、濃さの違いがはっきりとわかるようになり、短いまつげや薄いまつげ、抜けてまばらになってしまったまつげなども、長く、密度の高いまつげに変化していくのを感じることができます。
使用方法は、少量をまつげの根元に丁寧に塗っていくだけですが目に入ったり、他の箇所に液がつかないように注意しましょう。
また、使用する際はコンタクトレンズを外しておきましょう。
ルミガンは医薬品で安全性も高いものですが、以下のような副作用が出ることもあります。

  • 目のかゆみ
  • 充血
  • ドライアイ
  • まぶたの色素沈着や黒ずみ

まつ毛以外のところに液体がついてしまった際はティッシュでふき取ってください。
上記のような症状が出た場合、使用を中止することで徐々に治まっていくことが多いですが、症状が治まらない場合や目に異常を感じた場合はすぐに眼科医に相談するようにしてください。
目元の皮膚や粘膜は非常にデリケートなので自己判断で無理をして使用を継続していくと、症状が悪化する可能性もありますのでご注意ください。

ルミガンを通販で購入する場合の価格

パソコンで通販を利用している女性美容外科クリニックや美容皮膚科でもとても人気が高いルミガン、まつ毛をグングン伸ばす効果があるといわれている医薬品で、短い、細い、少ないと、自分のまつ毛にコンプレックスを抱く女性たちから、高い評価を得ているようです。
このルミガンは日本の薬ではなく、海外の製薬会社が開発した薬で、クリニック側が輸入して販売しているので、その値段は病院によって異なります。
しかしこういった医薬品を美容目的で使用する場合は、保険は適用されないので、クリニックで購入する場合は、それなりの高値になることが予想されます。
少しでも費用を抑えようと個人で購入しようという女性も増えており、そういった方たちは、インターネット通販での個人輸入によって手に入れています。
海外の医薬品を通販サイトを使って個人輸入する場合、その安さに驚かされることも珍しくはなく、このルミガンに限らず、避妊薬のピルや男性の育毛剤も同様です。
価格は主に、クリニックで付けられている値段の三分の一程度で、クリニックではお薬代以外にも初診料や診察料も支払わなければならないので、その差は歴然です。
また、ルミガンと同じ成分が使われているラティースやケアプロストは通販で購入可能です。
得にケアプロストはルミガンのジェリック医薬品なので、ルミガンよりも安く手に入ることができます。

個人輸入は意外と簡単?

個人輸入というと、難しくて煩わしそうと考える方も多いようですが、最近はインターネット通販が発展しており、個人輸入代行業者がたくさんあるので、そういったところを経由すれば、普通のネット通販と何ら変わりはありません。 海外のお薬を中心に扱っている代行のドラッグストアも多く、日本語ももちろん通用しますし、ホームページもすべて日本語です。
価格は関税やもろもろの費用もすべて込みの値段が表示されているので、当然ながらその時のレートで多少の値段は前後しますが、日本のクリニックで買うよりも安価に手に入るのでお勧めです。