円形脱毛症になってしまった時にはステロイド注射が治療として行われる事があるようです。
円形脱毛症は自己免疫疾患と言われていますが、要は自身を守るはずの免疫システムが、何らかの原因によって狂ってしまい、毛根を攻撃して薄毛になってしまうのです。
そこで活躍するのがステロイド注射ですが、毛根を攻撃しているリンパ球の働きを抑える事ができ、それによって脱毛を阻止する事ができるのです。
円形脱毛症に対して高い効果のある治療ですので、円形脱毛症対策として行われる事があるのです。
それだけの効果があるのならまつ毛が脱毛してしまった時にも効きそうと感じられるかもしれませんが、ステロイド注射は副作用もある治療ですので、脱無している部分に気軽に注射をするという事はできないのです。
その為、例えば抗がん剤などが原因でまつ毛が寂しくなってしまった場合でもステロイド注射を打つ事はできません。
そもそもまつ毛が脱毛してしまった際には他にも有効な手立てがあるのです。
それは向日市などの病院で処方をしてもらう事ができるルミガンを利用する事です。
ルミガンというのはビマトプロストという有効成分を含んでいる薬ですが、まつ毛の成長を促進させる事ができると言われているのです。
その理由は主成分であるビマプロストにまつ毛の成長期を延長させる作用や毛包を刺激する作用などがあるからです。
まつ毛の成長をぐんぐん促す事ができますので、まつ毛のボリュームに悩みがある際には活用してみるのも良いかもしれません。
ルミガンは向日市の病院で簡単に手に入れる事ができますので、一度相談に行ってみるのもおすすめです。
また副作用もある薬でもありますので、向日市の病院に相談する際にはきちんと注意点を確認しておく事をおすすめします。